Miyabiarts.net

一年に一度の更新頻度

2016年

今年の年末は昨年に輪をかけて何もやっていないので、生存報告だけ。

来年はブログを移転する予定です。

2015年

三年連続の大晦日のみの投稿です。Twitterの方には大体いつもいるので、生存報告の役割すらここにはないようです。

今年というかここ数年は仕事 イズ マイライフな状態なので、趣味で何か作ることは少ないです。正確には小さいものを色々作っていないこともないですが、ある程度作ったら割と自己満足するので、特に後悔することもなく闇へと葬っています。しばらくはこの調子だと思いますが、そのうちまた何か出すようになるかもしれません。

今年は「ラブライブ!The School Idol Movie」を映画館に50回見に行ったり、BD届いた日から毎日見ていたり、そんな感じでした。スクフェス ラブライブスクールアイドルフェスティバル始めたら毎日結構な時間していたり、毎週ゲームセンターでクレーンゲームした結果、いつの間にかプライズが40個以上集まって自室の結構な領域を占めていたりします。例年通りゲームも年間100本くらいは確実にやっているはずです。来年は大作ゲームが多数出るのでさらに楽しみです。生き方の方向性が完全に決まってきた気がする今日この頃です。

年末年始のお休みで毎年何か適当なものを作っているのですが、今年は12月に発売したRPGツクールMVで何かRPGを作ってみようと思いました。そして、RPGツクールMVのエディタを触っていたら、データベースまわりでデータの追加・削除をあまり自由にできなかったので、そのあたりができるツールをちまちまと作っていました。RPGツクールMVでは、ゲームに必要なデータがjson形式で置かれているので、それを読んで編集して書き戻しています。追加・削除・並び替えなど基本的な操作はすでにできているので、足りない部分はその都度追加・修正していこうかなと思っています。公開するかどうかは気分次第です。

rpg_editor

ただ、元々の目的は何かRPGを作ることだったので、ひとまずそちらの方は進めるつもりです。こちらはいつまで続けるかは分かりませんが、まぁ飽きるまでということで。

2015年は良い年だったので、来年も引き続き良い年にしたいですね。

2014年

見事に二年連続一年越しです。

数日前からUnityでオンラインゲームを作り始めたので、2015年はしばらくこれを作っているかもしれません。

uco3

2013年

来年こそは何か書くかもしれません。

2012年

結局、これが今年3つ目の記事になるとは。 社内ブログの方は結構書いていたりするのですが、こちらは放置しすぎですね。 まぁ気が向いた時にでも、ということで。

今年について

人生が結構動いています。 3月に博士(情報科学)を取得。 4月から会社で働き始めました。 実家関連でも色々とゴタゴタしていたこともあり、例年よりもあっという間に過ぎ去った1年でした。

仕事はとても楽しいです。楽しくてあっという間に月日が経ってしまいました。

そして、働き始めることで比較的安定した生活リズムを得ることにより、コンテンツ消化能力が格段に向上。

  • ゲームを70本くらいプレイして、50本くらいクリア
  • 映画館で映画をのべ43本鑑賞
  • 漫画・アニメは数えてなかったですけど、だいぶ見た気がする

今年の抱負について

達成できたり、部分的に達成できたり、全くダメだったり、と、そんな感じです。 もう個々に触れることはしないです。

来年について

まともに更新するかは分かりませんが、気が向いたら更新します。 来年もよろしくお願いします。

区切り

随分と間が開いてしまいましたが、色々と区切りの時なので久しぶりの更新。参加した勉強会の記事なんかも実は書いていたのですが、中途半端だったので載せずに放置していました。

2012年が始まってから本当に色々なことがありましたが、大きくは以下の事項ですね。

  • 就職先が決まりました。
  • 博士(情報科学)を取得しました。
  • 名古屋CV・PRML勉強会を新しい幹事に引き継ぎました。

それぞれに対して語れば長くなることがあったりしますが、それはまたその内ということで。これまでお世話になった方々、本当にありがとうございました。そして、これからもまた頑張っていきたいと思います。

今年の抱負

2012年も明けたということで、新年の抱負でも書いておきましょう。(随分遅くになって書いていますが)

大体、去年と同様な感じで。

  1. 新天地:とても長かった学生生活に終わりを迎えそうです。まだ新天地は見つかっておりませんが。
  2. 名古屋CV・PRML勉強会: 名古屋から去る可能性が出てきたので、次の世代にバトンを渡したいと思っています
  3. その他の勉強会: 学生じゃなくなるのでどうなるかは分かりませんが、できる限りは出ます
  4. ブログなど: また停滞しているので、もうちょっと書きましょう
  5. プログラミング: 今年こそ3Dモデリングソフトを機能をまとめる
  6. ゲーム制作: 小さいゲームは作ったりしているので、もっとまとまったものを作りたいですね
  7. ギター: 作曲なんかもしてみたいですね
  8. 読書: 読むだけではなくて、なるべく書評も書くように
  9. 絵・3Dモデリング: 練習できるだけ練習
  10. 体重: 80kg以下にまずしましょう

今年のまとめ

今年のまとめを、今年の抱負に対応するようにまとめてみます。

1. 研究: 効率を上げる(PDCAサイクルを心がける)

分かっちゃいるけど、結局上がらなかった気がしますね。来年以降も継続ということで。主な原因は、実験がうまく行かなくて、それをなんとかするために近視眼的になりすぎたことだと思います。博士課程の最後と言うことで、まとめようと気負いすぎたことも原因だったかと思います。

2. 論文誌: 最低1本通す

最低限の1本はクリアしました。おかげで博士後期課程を修了するための条件はクリアできました。

3. 名古屋CV・PRML勉強会: 1年間継続

多くの方々の協力もあり、なんとか1年間継続することができました。関東や関西のコンピュータビジョン最先端ガイドを読み進めることと違い、名古屋は毎回異なるテーマを扱ったりして、なかなか難しい所もありましたが、その結果大変面白いものになったかと思います。今後も続けていくことで、よりこの分野に関わる人が増えていくことを目指していきたいと思います。

4. その他の勉強会: IT関係で暇だったらなるべく参加する

関西ゲームプログラミング勉強会、Boost.勉強会、Qt名古屋勉強会、LL名古屋など、色々な勉強会で発表してきました。他にもわんくま勉強会などに参加したりで、本当に勉強会に充実した1年でした。

5. ブログなど: 文章の練習も兼ねて、なるべく更新するようにする。ただし、更新することが義務化しない範囲で

半年くらいまではそれなりに更新していたのですが、後半の数カ月は忙しさを理由にまったく更新していませんでした。反省。

6.  プログラミング: 3Dモデリングソフトを機能をまとめてそれなりのものにする

作る作ると言っておきながら、まったく進みませんでしたorz

7. ゲーム制作: なんとか一作完成(コミケとか出せたら良いな)

ちゃんとしたゲームは作れなかったのですが、Unityの使い方なんかも分かってきたので、もっと色々なことができるゲームを作ることを目指していくつもりです。

8. ギター: 暗記して弾ける曲を最低5曲

一応ジブリとファイナルファンタジーの楽曲を数曲は弾けるようにはなりました。ひっかかりまくりますが。

9. 読書: 積んでいるオライリーや洋書を出来るだけ消化

結構読むことはできたのですが、書評を書かないといけないなと思っていたので、来年から書いていくことにします。

10. 絵・3Dモデリング: 練習できるだけ練習

0ではなかったのですが、全く上達しませんでした。

11. 体重: 80kg以下をキープ

無理でした(´・ω・`)

12. 就職活動? : どうなることやら

まだまだ続くのじゃよ。

第11回 名古屋CV・PRML勉強会

博士論文執筆中だったり、数日前に個人的な何かがあったりで、中々準備ができなかったりしています。

今回は、完全に福嶋さん任せでした。

  • 日付:2011年11月19日(土) 13:30 – 17:00
  • 場所: 中部大学名古屋キャンパス 610室
  • イベントページ:http://t.co/9ksj14FD

 

発表者:福嶋先生(名工大)

以下に関する話を3時間弱延々と話してもらっていました。

  1. バイラテラルフィルタ
  2. 光線空間(Light Field)

具体的な内容としては以下の通りです。

  • コンピューテーショナルフォトグラフィとは?
  • バイラテラルフィルタ
    • 原理
    • 高速化手法
  • リアルタイムアプリケーションのデモ
  • ノイズ除去
  • 輪郭強調,HDR
  • ジョイントフィルタリング(フラッシュフォトグラフィ)
  • アルファマッティング
  • ノンフォトリアリスティックレンダリング
  • 超解像,デブラー
  • 背景差分
  • 奥行き推定
  • カラリゼーション
  • 光線空間(Light Field)
    • 可変焦点:焦点が後から変えられる
    • 自由視点;視点が後から変えられる

より詳細な内容は発表資料を御覧ください。

第10回 名古屋CV・PRM勉強会

勉強会の名前としてはCV・PRMLと、コンピュータビジョンの他にもパターン認識・機械学習を狙いつつも、基本的にコンピュータビジョンでしたが、今回は機械学習の話がメインでした。
  • 日付:2011年10月29日(土) 13:30 – 17:00
  • 場所: 中部大学名古屋キャンパス 6階大ホール
  • イベントページ:http://bit.ly/ncwhJ6

金融市場分析のためのパターン認識と機械学習 ~ テキスト・マイニングの応用例 ~

発表者:松井先生(中部大学)

これまで何度も参加していただいている松井先生に話して頂きました。最近の機械学習を用いたテキスト解析による金融市場分析の話でした。先生自身の研究内容も含めて、新聞の記事などに含まれるキーワードから金融の流れを予測するというものです。最近の研究だとTwitterのつぶやきから予測するものもあったりで面白かったです。SVMの詳しい話もあったりと、かなり機械学習寄りのお話でした。

論文紹介:”Photo-based Question Answering, “Tom Yeh, John J. Lee, Trevor Darrell, ACM Multimedia 2008

発表者:林くん

画像をクエリとして与えることで、その画像が何であるかを応えるシステムを作る論文でした。途中に人間が介在して、間違っていたら修正していくことでより良いシステムを構築しています。

論文紹介:Domain Adaptation for Object Recognition: An Unsupervised Approach,” Raghuraman Gopalan, Ruonan Li, and Rama Chellappa, ICCV2011

発表者:尾崎くん

去年、今年と流行しているドメイン適応(知識転移、転移学習)という考え方で物体を認識するという論文でした。ドメイン適応は、あるドメインで学習した識別器を別のドメインでも適応可能にするという、なんというか分かりそうで分かりにくい概念みたいな手法です。私も結構前から理解しようとしてはいるのですが、まだまだ時間がかかりそうです。この論文では、あるドメイン(実写のノートPC画像)から別のドメイン(AmazonなどのノートPC画像)の見た目の違いを多様体中の軌跡として表すことで、その間の転移を学習するというものでした。

Compound Reinforcement Learning(複利型強化学習)

発表者:松井先生(中部大学)

最後にもう一度松井先生の話でした。時間がギリギリになってしまい駆け足でしたが、金融の予測に対する強化学習の話でした。コンピュータビジョンの分野では予測しながら再度学習することが少ないので強化学習は名前は聞くものの触れる機会がなかったため、話が聞けて良かったです。内容としては、予測した結果から得られた報奨を用いて強化学習することで、予測精度を上げていくというものでした。