Miyabiarts.net

一年に一度の更新頻度

第12回 関西CV・PRML勉強会

予定が空いていたので、京都まで出張して発表してきました。
ずっと前から参加しようと思っていたので、ようやく行けて良かったです。
自分の発表内容は、「CVPR2011俯瞰」として、CVPR2011そのものや、名古屋や関東で紹介されたり個人的に興味あるCVPR2011の論文(Oral)を簡単に紹介するというものです。
発表資料はこちらです。
例のごとく、1日前に作っているので、色々と至らない点はありますが、今回は論文を30件以上読んで作ったので、本人の勉強した感はもの凄くありますよ。
Oralとなった論文中心ですが、今年の論文に良く見るものとして、「転移学習(知識転移・マルチタスク学習などの別名あり)」「Deformable Part Model」「Latent SVM」などが挙げられます。
特に「転移学習」はNIPSなどの機械学習の分野からやってきた概念ですが、今年のCVPRはこれに基づくものが本当に多数ありました。
この「転移学習」は、「あるドメインで学習した結果を、未知のドメインに適応する際に上手く動かすための技術」といった感じです。
これは凄い反面、これって本当にできるのか?とも思わせ、機械学習を黒魔術の領域に向かわせている技術ではないかという疑念も湧きます。
ただ、今の自分では全くと言うほど理解力が足りないので、色々読んでしっかりと理解していきたいと思います。
終了後の懇親会では、@_akisatoさんと研究の話とかを長い間していたような気がします。
そのあとは、二次会でお酒を飲み、朝までカラオケをした後で、名古屋に帰ってきました。
まだまだ元気みたいです。
また時間が空いていたら、是非参加しに行きたいと思います。
広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。