Miyabiarts.net

一年に一度の更新頻度

Qt名古屋勉強会

関西ゲームプログラミング勉強会の時に補足されたようで、そこからお話があって、発表させていただくことになりました。
名古屋ではQt勉強会は初ということで、結構注目されていたようです。

  • 日付:2011年7月9日(土) 13:00 – 17:30
  • 場所: 株式会社 エイチーム セミナールーム1 (名古屋市西区牛島町6番1号 名古屋ルーセントタワー32F)
  • イベントページ:http://atnd.org/events/16926

元々は物理エンジンBulletについて話すことでしたが、そのままだとQt全く関係なかったりしますし、普段3Dを触ってない方には分からない点も多かろうと、丁度良く出ていたQtの3D周りを扱うQt/3Dとともに紹介することにしました。
Qt/3Dのインストール方法などは前の記事で書いています。

発表資料はこちらに置いておきます。
内容としては、前半はQt/3Dで、後半はBulletについて話しました。
前半については自分もQt/3Dは初めてだったのでなるべく分かりやすい資料を作っていたのですが、後半のBulletは関西ゲームプログラミング勉強会のものをほとんどそのまま使っていたら、自分で話していて、あぁコード量多くて、普段やっていない人には分かりづらいな。と感じてしまい、その点では反省しているところです。
ただ、一応デモとして見えるものは作っていたので、なんとなくでも理解していただけたようなので、それは良かったです。
あと、最初にQtで作っていたものとして、3Dモデラをちょっと紹介していましたが、言葉足らずでメタセコイアの開発者と間違えられたようで、どうもすみません。
ちなみに3Dモデラの方は現在再開発中で、ひと通りできたらシェアウェアとして公開しようかと考えております。

他の方の発表では、Qt5の紹介、QMLのライブコーディング、MeeGoの紹介と名前は知っているけど、実際はあまり理解していなかったものを詳しく聴けたため、とても面白かったです。
特にQMLは手軽にアニメーションできるUIを作れるので楽で良いなと思いました。

懇親会は、名古屋に結構長く居るのに行ったことがなかった世界の山ちゃんでした。
他の勉強会とはまた違った方向性の面白さがあり、懇親会中ずっと話しておりました。
それと、とにかく言われていたことは「英語を勉強しろ」でした。
英語を勉強して、海外に行きましょうかな。本気で。

二次会として立ち飲み居酒屋に行って、また色々話させて頂き、最後まで楽しい時間を過ごせました。
次回があれば、またなんだか発表しそうな雰囲気が漂っていましたが、時間がある限り、いくらでも発表しますので是非お願いいたします。

最後にですが、本当に暑い日でした。
名古屋駅前は40度近くの外気温があり、汗が止めどなく出る状態でした。

広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。