Miyabiarts.net

一年に一度の更新頻度

第7回 名古屋CV・PRML勉強会

今回は、「画像処理プログラミング入門」をテーマとして開催しました。

画像処理プログラミング基礎(OpenCV):@miyabiarts

オープニングから引き続けての発表です。今回はライブコーディング形式でやってみようかと、PCにOpenCVをインストールしてから、実際に画像を表示させるまでをやってみました。事前に上手く動くように試してみてはいたのですが、やはり本番では色々問題が起こるものですね。特にバージョン管理まわりは皆さんがなかなかやってないだろうと思って、紹介するつもりでやってみたら、全然上手く行かなくてお恥ずかしい限りです。

PRMUアルゴリズムコンテストの紹介:加藤くん

毎年開催されているPRMUアルゴリズムコンテストの紹介です。今年は、「勝ったのは誰だッ! -じゃんけんの勝敗判定-」という内容になっています。ついでに名古屋大学で開発している画像処理ライブラリMISTの紹介をしました。

 

Processingによる画像処理プログラミング:藤吉先生(@hf149)

ProcessingはJAVA上で動く簡易言語ですが、元々コンピュータアートを目的としているため、画像処理を簡単に行うことができます。単純に絵を描くだけではなく、コンピュータビジョンの色々な処理を行うことができるため、プロトタイプを作るために大変便利です。

藤吉研究室では、Prossingによるコンピュータビジョンの例を多く公開しているため、とても参考になります。

OpenCV on Android:高橋さん

当日の飛び入りでOpenCVに付随しているAndroid上で動くサンプルを実機で実際に動いているところを紹介していただきました。FASTによる特徴点検出だとリアルタイムで動くのでなかなか凄いです。自分も環境構築まではやったものの放置したままだったので、なんとかしなければとずっと思っています。

Computer Vision は2次元のパンツの夢を見るか:手島さん(@tomoaki_teshima)

タイトルはタイトルで中身とはほとんど関係なかったりします(笑)。

内容としては、2画像間の対応点を指定することによって、画像を上手く幾何変換してやり、合成するという話でした。前回、時間の都合で一部発表を省いてしまったので、今回そのネタも合わせて披露していただきました(笑)

 

終了後は、恒例の懇親会。 今回は11名の参加者でした。3回連続同じ店に行っています。毎回半分位メンバーが違うため、色々な話が聞けて面白いです。

次回の第8回 名古屋CV・PRML勉強会は、6/18(土)に開催予定です。次回は「デジカメの画像処理」の著者である川出先生を招いての特別公演となります。このような機会を設定して頂いた藤吉先生に感謝します。

 

これで私の3週間連続での勉強会発表+(研究回発表)が終わりとなりました。なかなか大変な1ヵ月でしたが、多くのことを勉強でき、とても楽しかったです。

広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。